スローコアピローはアマゾンで買えなくなりました

スローコアピローの実物画像

 

ストレートネック・首こり・肩こり対策に評判がいい枕「スローコアピロー」。
転売業者がアマゾンで販売していたことはありますが、現在はアマゾンで販売されていません。
ヤフーショッピングでも正規品が販売されたことはありません。

 

スローコアピローの発売元が出店しているのは楽天市場。
セルフケアスタジオが正規ショップです。


正規販売店以外の注意点(アマゾンの実例つき)

たまに楽天以外で販売されているのを見かけますが、注意が必要です。

 

スローコアピローは正式には、スローコアピローPRO-EXという名称の枕で、この枕を使いながらエクササイズを行うことで効果を発揮します。

 

エクササイズはテキストにまとめられているので、スローコアピローPRO-EXとテキストがセットになっていないと全く役に立たず効果も出ません。

 

こういう不揃い品を販売している業者の可能性があります。

 

過去にアマゾンであったケース

ある業者が、スローコアピローPRO-EX(たぶん中古の転売品)だけを販売し、エクササイズが載ったテキストは同梱されていなかった。
枕だけが届いた購入者はそれで寝てしまい首を痛めてしまった。

 

アマゾンが悪いことをしているように見えますが、アマゾンの販売方法や基準を否定するつもりはありません。

 

説明が不十分な業者が混ざっていることがあるので注意して下さいという注意喚起です。

 

スローコアピローPRO-EXは寝るための枕じゃないですからね。
こういった説明が抜けていて、「売れればいいや」というだけの業者もいるんです。

 

公式ショップ以外で購入するなら、
スローコアピローPRO-EXとテキストが揃っていることを確認してください。
揃っていないと無駄な買い物になります。

 

》 楽天市場セルフケアスタジオはこちら

ストレートネック対策でエクササイズをする理由

スローコアエクササイズのテキスト画像

 

スローコアピローPRO-EXは頸椎けん引枕として開発され特許も取得しています。

 

ストレートネックは、頸椎(首)が前に傾いたままになり正常ではない状態のこと。

 

ストレートネックによる負担のイメージ

 

首は頭を支えるという大事な役割がありますが、ストレートネックになるとその機能が十分に働かなくなります。
このままではいけないので、首や肩周りの筋肉が頭を支える手伝いをし始めます。

 

ですが、これは本来とは違う仕事。
やがて筋肉は疲れ、硬くなり、コリとして感じるようになります。

 

 

エクササイズは「ほぐす」ための運動

 

スローコアピローに首をのせて仰向けになると、頭の重みで頸椎が引っ張られます。
それだけでも元に戻りそうですが、筋肉が硬くなっているため、一時的に引っ張っても元に戻ります。

 

 

これをほぐすのがエクササイズの役割です。

 

 

エクササイズといっても、スローコアピローを使って行うのは脂肪を燃焼させるタイプのものではなく筋肉を緩めるもの。
体の内部に働きかける運動なので、揉んだり叩いたりするマッサージとは全く異なります。

 

これは大学の教授たちによって開発されたスローコアでしかできない独自の方法です。

 

 

だからスローコアピローとエクササイズがセットになっていないと効果が出ません。
前述のアマゾンのケースは、このエクササイズがセットになっていなかったので、購入された方は正しく使うことができなかったのです。


ストレートネックは自分では判断できない?

ストレートネックの状態を表す画像

 

スローコアピローPRO-EXでエクササイズを続けても、ストレートネックが解消されたかどうかは体内のことなので自分では判断できません。

 

ただ、前述のとおり、ストレートネックになっていると肩こりを感じることが多いので、最初に肩こり(または首こり)が楽になったと感じる人が多いです。

 

現に私も最初に感じたのは、

  • 肩こりが軽くなった
  • 首がスッキリした

この2つでした。

 

チェックは簡単にできます!

普段の姿勢で壁に向かって歩いてください。そのまま壁に背中をつけてみて、「かかと」「おしり」「肩甲骨」「後頭部」が自然に壁につけばいい姿勢です。あくまで意識せずに自然に立ってください。
後頭部と壁の間に隙間があれば、首が前に傾いているかストレートネックの可能性があります。
※簡易チェックです。正確に判定するには医療機関で検査しましょう。


まとめ

最後にアマゾンを含めた購入方法をまとめておきます。

  • アマゾン→出品なし
  • 楽天→25,800円
  • ヤフーショッピング→出品なし

Googleで「スローコアピロー アマゾン」と検索すると、アマゾンの肩楽ピローという枕が最初に表示されますが、これはスローコアピローPRO-EXとは別の枕です。

 

アマゾンユーザーの方は残念ですが、スローコアピローに限っていえば楽天市場の利用をおすすめします。

 

ページの先頭へ戻る